おすすめアイテム

ハイハイ対策のジョイントマットは「敷き詰め式」がおすすめな4つの理由

寝返りを打ち始めたお子さんがいるパパさんママさん、そろそろハイハイ対策の「ジョイントマット」の検討をはじめる頃ですよね。

結論として、ジョイントマットは「敷き詰め式」が最高におすすめです!

まさか

「最初は小さいジョイントマットでスペース作るぐらいでいいかな〜」

とか思ってませんよね?

もしそうだとしたら、間違いなく数ヶ月後に涙を流すことになりますよ・・・!
(私が実際泣きました・・・)

ジョイントマットの「敷き詰め式」がおすすめの理由!

ジョイントマット画像

部屋のどこにいても安心

上の写真は我が家の「敷き詰め」ジョイントマットです。
見たままなのですが、ジョイントマットを床一面に敷き詰めています。

よく見られるのが、部屋の一角にジョイントマットでスペースを作る方法ですね。
気軽にできますし、手間もそこまでかかりません。

しかし

「○○ちゃ〜ん ここでいい子に遊んでてね〜」

と言っておけば、そこから動かないなんて赤ちゃんはまずいません。

ハイハイを覚えた赤ちゃんはどんな所へも行きたがります。
当然、ジョイントマットだけで区切られたのスペースなんてものは、あっという間に抜け出します。

抜け出した先はもしかしたら硬いフローリングかもしれません。
つかまり立ちをしようとした時、転んでケガでもしてしまったら目も当てられませんよね。

敷き詰め式は文字通り部屋全体にジョイントマットを敷き詰めてしまうので、固い床で転んでしまったらどうしようという心配がグッと減りますよ。

マットをめくって遊ばれるストレスが少ない!

もりぱら家は以前、小さいジョイントマットで「こどもが遊ぶようスペース」を作っていました。
が、見事に崩壊しました。

なぜなら

こどもがマットをめくるんです!
これでもかっていうぐらいマットをめくるんですよ!!

めくったマットを回収 → スペースを修復 → まためくられる

のエンドレス!!
めちゃめちゃストレスになってしまっていました・・・・・・・

そこで大判のジョイントマットを購入して「敷き詰め式」にしたところ、ジョイントマット自体にも重さがあるので、めくられることが少なくなりました!

今ではめくられ地獄のエンドレスから解放され、ストレスフリーの育児を送っています!

下の階の騒音対策に

こどもの成長は嬉しいのですが、それと同じくらい心配になってくるのが周りへの騒音対策ですよね。

特に2才くらいになってくると遊び方も激しくなり、走り回ったり飛び跳ねたりといったことが増えてきます。

「あ〜〜この振動、絶対下の階の人うるさく思ってるよな〜〜〜」

と、心配になること間違いないです。

嬉しいことに、ジョイントマットは厚みが2cmもあるタイプも販売されています。
これが敷き詰められるいるだけでも高い防音効果もあるので、賃貸やアパート住まいの方にぜひおススメです。

ジョイントマットを選ぶ基準

ハイハイ画像

サイズは大判一択!

ジョイントマットの多くは小さいタイプと、大判タイプの2種類があります。

敷き詰め式の場合は、大判タイプ一択です。
敷き詰め式でなくとも、大判タイプをおススメします!

なぜなら、マットの面積が大きい分敷き詰める枚数が少なく済むので、作業がとても楽に行えます!

また、小さいタイプは必然的に枚数が多くなってしまいますよね。
そのためマット同士のつなぎ目も多くなり、飲み物をこぼした時に高確率でつなぎ目の間に入ってしまうことがあります。

その点大判タイプはマット自体の面積が大きいので、うっかりこぼしてもマット同士のつなぎ目に入りにくいというメリットもあります!

抗菌仕様のもの

つかみ食べが始まってくると、ごはんをそのまま床に投げつけるなんてことも起きてきます。

赤ちゃんが直接触れるものなので、抗菌仕様は外せないところです。

足跡などのギミックがないもの

ジョイントマット中には犬の足跡やアルアファベットなど、「その柄が取外せる」というマットも存在しますがおススメしません。

見た目はすごくかわいいので、ついつい選んでしまいがちですが、赤ちゃんは容赦なくその柄を剥がしにかかってきます。

そして剥がした柄を食べ始めたりします。
取り上げて元に戻したとしても、すぐに剥がしたがります。

衛生的にもよくないですし、ダメと言っていることを何回もされてしまうと、パパママのストレスも溜まってしまいますよね。

スポンサードサーチ

まとめ

赤ちゃんが生まれるまで「ジョイントマットなんてあるんだ!」という方も大勢いらっしゃるのでは無いでしょうか。
(実際もりぱらは育児をはじめて初めて知りました。)

ちなみに大判のジョイントマットには「木目柄」なんてものも売られています。

ちなみにもりぱら家は『いかにもこども部屋!感を出したくなかった』『こども部屋感が出ることで、リラックスできなくなりそうだったから』という点から、茶色の木目柄マットを使っています。

結果的に「転んで怪我したらどうしよう」だったり、「振動うるさくないかな」といった、日々の心配や育児ストレスが本当に減りました!!

ジョイントマットを検討しているパパさんママさん、ジョイントマットを検討されるときは

「大判タイプ」+「敷き詰め式」

おすすめですよ!

「敷き詰め式」がおすすめの理由!

・ハイハイ、つかまり立ちで動き回るようになっても安心!
・マットを敷いただけだと、赤ちゃんにめくられてストレス!
・防音対策に最適!