パパ育児あれこれ

産後にパタニティブルーを経験した私が伝えたいことまとめ

こんにちはもりぱらです。

「パタニティブルー」ってご存知ですか?
産前産後の時期に必ずと言っていいほど耳にする単語にマタニティーブルーがありますよね。
俗にママの「産後うつ」と言われていますが、そのパパ版です。

実は産後うつはママだけではなく、パパにも起こる可能性があります。
今この記事を書いているmoriparaも我が子が生まれた時にパタニティブルーになってしまい、精神的に不安定な時期がありました。

今回はそんな体験談と、体験したからこそ感じた大切さなどをお伝えできればと思います。
「最近パパの様子がちょっと変かも・・・」と感じているママや、「育児をどうやって頑張ったら良いか分からない・・・」と感じているパパに少しでも参考になれば幸いです。

パタニティブルーとは

パパも産前、産後うつに?

アメリカの医師などによる研究チームが2010年に発表した調査結果により、産前産後のパパの約10%がうつ病を発症していることが分かりました。

ママが出産を終えしばらくして、環境の変化などから睡眠障害や頭痛、肩こり、口の渇き、胃痛などの身体症状が出てしまい、パパがうつ病を発症したり、うつ状態になってしまったりする現象を指します。

引用:赤ちゃんの部屋-Baby’s Room-パパに起こるかもしれない「パタニティブルー」について

 
家族が増えるということは、ママにとってはもちろん、パパにもすごい環境の変化なんですよね。
赤ちゃんは一人では何もできないので目が離せなかったり、うまく眠る事ができなくて夜に泣き出してしまったりという事が日常になってきます。
そしてそんな生活になると、「パパになったんだから自分がしっかりしなければ!」という気持ちを持つパパも大勢いると思います。

しかしここで気負いすぎてしまうと、環境の変化や周りからのプレッシャー、理想と現実とのギャップから疲弊してしまい、「パタニティブルー」が発症してしまう可能性があります。

相談できない?パパが感じる環境の変化と育児に対するプレッシャー

初めての育児となると、何もかもが初めてなことだらけでとても不安になりますよね。
しかも自分のことだけならまだしも、これから大人へ成長していくわが子だからこそ、とても気を使ったり敏感になったりします。
実はそれはパパも同じで、個人差はあれど不安やプレッシャーを感じる人は大勢いると思います。

「家族なんだから、まずはこれから一緒に子育てするママに相談するところじゃない?」とお考えの方もいるかと思います。
しかしパパは『家族』だからこそ、相談出来ない場合があるのです。

家族だからこそ相談しづらい

生後間もない赤ちゃんは昼夜の判断ができないため、数時間おきに寝たり起きたりを繰り返します。
食事のタイミングもできていないので、夜中に授乳やミルクをあげる必要があり、どうしてもママやパパは寝不足や疲れが溜まってしまいます。

育児をはじめたてのパパの中には、寝不足や出産後のダメージ、これからの不安でいっぱいいっぱいのママを見て、「今ママは大変な時なんだ!自分がしっかりしなければ!」と意気込んでしまうパパもいます。
そして「大変な時のママに相談することはもっと負担をかけてしまうのでは」と、相談することが悪いことのように感じてしまい、不安やプレッシャーを自分の中に押しとどめてしまうのです。

イクメンやできるパパへのプレッシャー

最近は男性も積極的に育児に参加することが求められてきていますよね。
それ自体はとても良いことだと思いますが、実際のところそれを実現できる体制の会社ってなかなか無いのが現状です。

そんな中、会社では「パパになったんだからしっかりしないとね」「ママばっかりに負担をかけないようにちゃんと育児に参加してやれよ」というような声がたくさん聞こえてきます。
良いパパになろうとし過ぎてしまう人ほど、夜泣きや慣れない育児で肉体的・精神的に疲れてしまっている人ほど、こういった言葉を受け流せず「そうしなければ」と、責任を感じるようになっていきます。
そして残業をしようものなら、「定時で帰って育児をしなくてはいけないのに何をやっているんだ」と自分を責めてしまう人もいます。

「パパ見知り」は頑張ろうとするパパに大ダメージ!

「パパ見知り」とは、赤ちゃんがパパに対して人見知りをすることです。

そもそも、赤ちゃんの人見知りとは、慣れている人以外を怖がって、抱っこされたり近づかれたりするのを嫌がること。パパ見知りをする赤ちゃんは、決して「パパが嫌だ」というわけではなく、「ママではないとダメ」というケースがほとんどです。

赤ちゃんは、ママのお腹で約10ヶ月間を過ごします。生まれてからも、授乳やおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話に関わるのは、パパよりもママのほうが多くなります。

そのため、視覚だけでなく、声やにおい、気配だけで存在が分かるほどママと密接な関係を築くようになり、ママ以外の人に対して拒否する反応を示すのです。

引用:こそだてハック 赤ちゃんが泣く!パパ見知りとは?いつから?原因と解消法は?

深夜、赤ちゃんが泣き出してしまいました。
頑張ろうとしているパパは泣いてしまった赤ちゃんを抱っこしてあやそうとします。
しかしいくらあやしても、安心するように声を掛けてみても、一向に泣き止まないどころか泣き方が激しくなってしまいます。

そんな中、ママが抱っこした途端ピタリと泣き止みました。
一度や二度ではありません。
いくらパパがあやしても泣き止まず、ママが抱っこすると泣き止やみます。

この「パパ見知り」ですが、頑張ろうとしているパパ程ダメージは大きいです。
パパとしての無力感を感じ、なんとかしようとするもののやっぱりうまくいかず、負のスパイラルに落ちていってしまいます。

スポンサードサーチ

離婚危機!?初めて妻の前で号泣した夜

今まで書いてきたパパは、私moriparaの体験そのものです。
心の中の重圧を吐き出せないまま家族と接していた私は、ついに気持ちに限界を迎え、妻の前で号泣してしまいました。
自分で溢れてくる涙を抑えることが出来ず、実は辛く思っていること、自分の無力さが悔しいこと、どうしたらいいか分からないこと、もう疲れてしまったことなど、ボロボロ泣きながら妻に伝えてしまいました。

そんな私にしっかりと向き合ってくれた妻には本当に感謝しています。
その夜の事件がきっかけで初めて「パタニティブルー」という言葉を知り、「パパも産後うつになる」事を知りました。

体験した私が思う予防策と解決策

最初から完璧なパパなんていない

本来だったら、気持ちに限界を迎える前にしかるべき相手に相談できるのが一番よいと思います。
でも、それができないパパもいるのです。

そんなパパに向けてお伝えしたいのは、『はじめから完璧なパパなんていない』という事です。

何を当たり前な、と思われる方もいるかもしれません。
ですが赤ちゃんは「ママじゃないとダメという時期」が必ずと言って良いほどきます。
それは必然的にママと接する時間が多いという環境からそうなってしまうのですが、頑張ろうとしているパパほどダメージを負いやすいのも事実です。

安心して下さい。
パパ見知りがあったとしても、ちゃんと家族と向き合っていれば、赤ちゃんは自然と「この人は大丈夫な人だ」と学習していきます。
moriparaは今では抱っこをせがまれるぐらいです。

パパ・ママがお互いの理解を深めあうことは本当に大切

パパだから・ママだからという以前に、やっぱり育児って大変ですよね。
大変だからこそ、今の自分を認めてほしい・褒めてほしいという気持ちが湧いてきます。
そして、それはまだ意思疎通ができない赤ちゃんにはできないことです。

そうなった時、誰に認めてもらいたいでしょうか。
昔から仲がいい友人でしょうか。
それとも孫ができて嬉しさ満開のおじいちゃんおばあちゃんでしょうか。

それは『今、この大変さを共有しているパートナー』です。

パパもママも慣れない育児で、多かれ少なかれ不安やプレッシャーを感じています。
それを一人で抱え込んでしまうと、いつか爆発したり、再起不能になってしまいます。
だからこそ、相手へ「ありがとう」「大変だったね」「今何かできることない?」という言葉を伝え、一人で抱える不安やプレッシャーを二人で
共有し、負担をやわらげることが大切だと思います。

どうしてもお互い人間なので、一人にして欲しい時や物理的に時間を作ることが難しい時もあります。
そんな時には「手紙」という方法がおすすめです。
相手への感謝や自分の今思っていること、悩んでいることなどを紙に書いておき、相手が読めるタイミングで読んでもらうというものです。
顔を合わせて話し合うだけがコミニュケーションでははないですよね。

スポンサードサーチ

終わりに

このパタニティブルーを経験するまで、「赤ちゃんの面倒を見ること」が育児だと思っていました。
しかし、赤ちゃんの面倒を見るママの負担が減るようなサポートすることも、りっぱな育児ではないでしょうか。
そして赤ちゃんがパパのことが大丈夫になったら、その時は今までの分しっかりと赤ちゃんの面倒を見てあげてください!

ABOUT ME
もりぱら
【このブログを書いている人】 パパ版産後うつの『パタニティブルー』を経験した一児のアラサーパパ。 家庭を持ち、パタニティブルーを経験したことで「人生とは自分だけのものじゃないんだ」と思うようになりました。 20代後半の仕事や家庭、ライフスタイルについて「これは」と思ったことを発信してます。 20代のうちに転職を2回経験。 今はwebデザイナーとして働いています。